注文住宅の選び方は大事!どのような業者を選べばいいのか知っておこう


設計事務所を使って理想的な住宅を作る

住宅建築をするときに利用できるサービスといえば大手ハウスメーカーと工務店です。他には設計事務所と呼ばれるところがあります。ここは建築物の設計を行っているサービスです。注文住宅の依頼もする事ができます。メリットは顧客の要望を100%聞いてくれるところです。完全オリジナルの住宅を建築してくれるので理想的な住宅を建築したいときに活躍します。基本的に設計事務所は設計のみを行います。建築をするときには提携先の工務店を利用します。工務店と連携して1つの住宅を作ってくれます。実際に設計事務所のスタッフが建築現場まで行き指示を行うので安心です。費用に応じた住宅を作ってくれるので、ある程度お金があるのなら非常に質の高い住宅を作ってくれるのがメリットです。

工務店は大手と設計事務所の中間的存在

工務店は地域密着型で商売を行っている住宅建築業者です。メリットは大手ハウスメーカーと設計事務所の中間的な部分があるところです。例えば大手のように住宅をカタログ化しています。カタログの中から住宅を選んで建築をしてくれます。さらに設計事務所のように融通の利く商売を行っているメリットもあります。設備導入の相談も可能で顧客の要望する使いやすい住宅を作れます。大手だとカタログにある住宅をそのまま作ります。融通は利かないので人によっては使いにくいと感じるでしょう。工務店ならそのような心配はありません。また設計事務所のように完全オリジナルの住宅を作ってくれるわけでないので、設計事務所に依頼するよりも安い金額で住宅を作れます。

寝室以外すべて共用、玄関や浴室などを共用してキッチンやリビングダイニングは分ける、玄関、キッチン、浴室など生活すべてを分けて一階と二階などに分けるなどで二世帯住宅の世帯独立のレベルが大きく変わります。

Related Post