注文住宅を建てる際に気をつけておきたいこと


どの建築会社を選ぶべきか?

注文住宅を建てようとする場合に、まず重要となるのはどの建築会社に依頼するかということです。巷には、テレビCMなどでおなじみの大手の建築メーカーから地元密着で頑張っている中小の工務店に至るまで数え切れないほど多くの候補があるわけですが、そのなかから自分の理想の住宅を建ててくれるところを見つけ出すのは容易ではありません。そこである程度方針をもって依頼先を絞り込む必要があるのですが、ある程度予算に余裕があってしっかりとした家を建てたいという場合であれば大手メーカーを、なるべく予算をかけずに自分のこだわりを実現したいということであれば中小の工務店を選ぶようにするとよいでしょう。

土地探しは慎重に行おう!

注文住宅を建てる際に土地探しからはじめる場合は、後になって後悔することのないよう、慎重にエリアを絞り込む必要があります。例えば、首都圏であればかつては郊外に広々とした一軒家を構えるのが流行った時期もありましたが、少子高齢化が進む中で郊外の人口減少や地価の下落が顕著ですので、利便性と資産価値を重視するのであれば、なるべく都市部に近く、かつ少なくとも駅から徒歩10分以内の土地を選ぶようにすることが重要です。もちろん、そういったエリアの土地は値段が高くなるわけですが、購入する土地の広さを抑えたり、あえて整形地ではなく旗竿地などの割安な土地を選んだりすることによって、予算内で理想に近い土地を見つけ出すことは決して不可能ではありません。

他では実現できない格安価格を実現する業者から、施主と自社のこだわりを追求した世界に1つだけのマイホーム建築まで、名古屋の注文住宅市場には、豊富な選択肢が揃っています。

Related Post