マイホームにあえて狭小住宅を選ぶ人も?こんなメリットに着目


人気のエリアに住めるチャンスを持ちやすい

駅近などの人気が高いエリアは地価が高く購入しづらい傾向があります。しかし狭小住宅なら小さな面積で建てることができるため、土地購入費用をコンパクトに抑えることが可能でしょう。住宅設計に気を配れば狭い土地でも快適な暮らしを得ることも可能ですので、場所に強い拘りがある場合は、建物間の隙間などにある土地にも積極的に注目してみてはいかがでしょう。ただし、場所次第では建築コストが高く付くこともあるため、十分な事前リサーチが欠かせません。

高さによって得られるメリット

狭小住宅は横の面積が狭い分、3階建てといった高さのある住宅設計になることが多いです。そして高さがあることによって、良い見晴らしを楽しめたり、ベランダの日当たりが良くなったりなどのメリットが生まれます。とはいえ周囲の建物の影響や高さ制限の問題で、設計への支障となる場合もありますので注意も必要でしょう。

毎日の掃除が楽ちんに!

実際に狭小住宅に暮らす人の中には、掃除が楽で助かっているという感想を抱く人も少なくありません。大きな家も魅力ではあるものの、面積が広ければ掃除も大変になりがちで不便になり得るでしょう。狭小住宅なら管理の手間が省けますので、むしろその狭さが良いと感じられるケースも多いのです。

生活費が安く済むことも!

生活に掛かる費用、例えば冷暖房のコストが安く済むのも狭小住宅の特徴です。狭い分、空気循環の効率が良くなりますので、少ないコストで快適な温度を保ちやすくなり、温度調整も容易になることで生活上の利便性が向上します。普段の暮らしに直結する特徴なだけに、狭小住宅で良かったという実感も持ちやすくなるでしょう。

注文住宅とは依頼者によるオーダーメイドの住宅で設計に関する自由度が高く、間取りを自分の好みに合わせ易い利点があります。

Related Post