ひとつの裏ワザ!?住居用賃貸物件をオフィスとして活用するメリットと注意点


柔軟な発想でビジネスチャンスを活かそう

一見する限り住居用の物件を、賃貸オフィスや店舗として活用する起業家の方々は少なくありません。建物の元来の目的とは異なる活用法である以上、いくつかのクリアすべきポイントが無視できませんが、独自のビジネススタイルとして、数多くのメリットを活かせる可能性に満ちた賃貸物件の活用法と言えるでしょう。まずはオーナーと管理会社、そして他の入居者の理解と承認が欠かせません。不特定多数の外来者が自らの生活空間内に出入りする環境は、居住者としては好ましい状況ではありません。既に賃貸オフィス的な利用を始めている入居者が存在する住居用物件であれば、比較的ハードルが低い可能性が期待できるでしょう。たとえばワンルームの収益物件として建設されるも、いつしかテナント物件と化している物件などは狙い目です。

家賃面のメリットと注意点

オフィス物件と比べて家賃が安価である居住用物件の存在は、起業家にとって魅力的です。楽器商やペットショップの開業は難しいとしても、一般的なオフィスやマニアックな小売店として、ショールーム的な機能を備える程度であれば、十分な説明と周囲への配慮を明確に伝えることで、説得を試みる価値は十分です。なにより実店舗兼オフィスを構えていることは、今後のビジネス展開における信用度アップに直結します。ただし賃貸オフィス的な活用に際しては、いくつかの制限が提示される可能性が見過せません。オフィスとしての契約である以上、借主の宿泊など、生活拠点としての活用は認めないなど、他の入居者との公平性を保つ対応がなされて当然でしょう。いずれにせよイレギュラーな賃貸契約となるため、契約内容の詳細に関し、双方が曖昧な点を残さぬ話し合いが重要です。

東京の港区で賃貸事務所を借りるときは、さまざまな条件を指定できます。不動産会社や不動産検索サイトを活用すれば、賃貸料・立地・設備などの条件を細かく指定した上で探せます。

Related Post