注文住宅建築時の住宅ローンの適切な決め方


世間の定説を鵜呑みにしてはいけない

注文住宅はほかのどこにもないオリジナルのマイホームを建築できるという事もあって、人生の目標の1つに掲げている人も居るでしょう。しかし注文住宅を建築するうえで切り離せないのが住宅ローンです。マイホームを建築する人のほとんどが手持ちのお金のみで建設するわけではなく、金融機関から多額のお金を借り入れ、そのお金で家を建築することになります。住宅ローンを決める際、世間一般的には「年収の5倍程度にする」という事や「月収の3割程度が月々の住宅ローンの目安」などといわれていますが、実際に住宅ローンを自分たちが決める際にはそのような定説を鵜呑みにしてはいけません。ライフスタイルはその家族によって違いますし、家族構成によっても月々の出費は大きく異なります。定説を鵜呑みにして住宅ローンを組んでしまうと、最悪支払えなくなってマイホームを手放すことにもなりかねません。

最も出費が増えそうな時期を考慮する

住宅ローンを決めるのに最も確実な方法、それは将来のライフプランを設計してみることです。突発的な出費は予想できませんが、子供が居る人であれば進学など、かならずお金が必要になる場面はいくつか予想を立てることができます。実際に住宅ローンを支払っている間に家族のライフプランがどのように変化していくのかをシミュレーションし、月々の出費が最も多くなりそうな時期をピックアップしましょう。その時期の出費を考慮し、それでも赤字にならないような住宅ローンであれば、よほどのことがない限り支払いが苦しいという事は無くなります。

知名度を誇る企業ビルダーから、自社ならではのこだわりを魅力と謳う工務店まで、大阪の注文住宅の発注先はバリエーションに富んでいます。発注に際しては、家族の価値観にマッチする業者の選択作業が重要です。

Related Post