注文住宅の設計で大切なことは快適な間取り


一人一部屋が理想的です

夢のマイホーム購入で注文住宅を建てるだけの予算があるなら、快適な生活ができる注文住宅がおすすめです。さまざまなメリットがありますが、注文住宅は自分の理想を現実にすることができる唯一のマイホームになります。最高の家に住むことができれば、生活していてとても快適ですし、家族の絆も深まりますし、家族みんなが仲良く暮らせるでしょう。基本的に注文という形で家を建てるということは、理想通りの間取りに仕上げてもらうことができます。家族が何人いるからできるだけ広いリビングルームにしたいとか、子供部屋は一人一部屋にしたいとか、寝室はこれくらいの広さにしたいとか、希望をそのまま形にしてもらえます。

もちろん、建築基準法がありますから、持っている土地の広さと建築基準法、さらに家の造り等によって全て希望通りの間取りになるとは限りませんが、それでも希望に近い間取りにしてくれるのが注文住宅です。さて、家族の人数は異なりますが、基本となるのが一人一部屋の設定です。家族が4人であれば4つの部屋があるのがベターです。これは一人が一つの部屋を使うということもありますが、例えば夫婦は二人で一部屋、子供は一人一部屋、そして残りの一部屋はフリーにしておく、来客用に取っておく等が可能です。これくらいの間取りであれば、とても快適な生活ができるでしょう。また、人によってはせっかくマイホームを手に入れるわけなので、可能であれば自分の書斎が欲しいという人もいるでしょう。

庭を確保して快適に暮らす

せっかくの注文住宅を手に入れるなら、マイホームの他に庭も確保できると良いでしょう。庭があって、そこに駐車場も確保することができれば、あえて駐車場を別に借りる必要が無くなります。また、庭があることによって、その庭を使ってガーデニングを楽しむこともできますし、庭で家庭菜園もできるでしょう。こうした形で自然を触れ合う空間が自宅の庭にあると、家族のスキンシップにも繋がるでしょう。子供が小さい家庭であれば、自然のある庭で家族みんなで遊ぶこともできます。こうした空間は非常に大切と言えるでしょう。もちろん、子供が小さいうちは芝生を庭に植えて、その芝で遊ぶのも良いでしょう。そして子供が成長してしまったら、その庭で家庭菜園を楽しむのも良いでしょう。

庭は自由にアレンジしていくことができますので、できるだけ広めの土地を購入しておき、余裕のある空間を確保しましょう。一般的に注文住宅を建てるためには建売一戸建てを買うよりもお金がかかるので、早い段階からコツコツとお金を貯めておき理想の家を建てましょう。

東京の注文住宅は交通の便が良く多くの企業や学校があり、通勤や通学の拠点として安心して暮らせることがメリットです。

Related Post