意外と知られていない!?中古の別荘のメリットとは


古さが魅力になることも

一般的な住宅と同じように中古の別荘となると築年数がかなり経っている場合も珍しくありません。普通に考えればこれはデメリットと言えますが、別荘に関してはこの古いということが逆にメリットと感じられることもあるのです。新築の別荘はどうしても新しい見た目になってしまうため、別荘地に馴染まないことも少なくありません。その点で築年数の古い中古の別荘は別荘地に良く馴染んでいることが多く、趣を感じられることもあるので人気があるのです。

人気の別荘地でも格安で

日本には全国に数多くの別荘地がありますが、人気の別荘地ともなると物件価格もそれだけ高くなってしまいます。しかし、中古の別荘であれば新築の別荘と比べると格安になっていることが多く、一般家庭でも人気の別荘地に別荘を持つという夢を実現することが出来るようになっているのです。特にバブル期に建てられた別荘は数も多く築年数も古くなっているため、立地が良くても思わぬお手頃価格で購入出来ることもあるのが中古の別荘のメリットです。

中古ならではのおまけが付いていることも

中古の別荘は老朽化などデメリットもありますが、中古ならではのメリットもあります。新築の別荘を建てる場合には建物だけではなく、中で使用するための家財道具も買い揃える必要があります。しかし、中古の別荘であればそういった家財道具もセットになっている場合もあるので、実際には新築よりも費用面ではかなりお得になっている場合も多いのです。また、家財道具が揃っているということは購入したらすぐに使用することが出来るというのも中古の別荘のメリットと言えます。

中古の別荘を買う場合、景気が下向きの時の方が、市場に出回る物件数が多く、購入価格が安く済みます。また、避暑地なら秋以降など、シーズン終了後の方が安くなる傾向にあります。

Related Post