それって本当?窓をつけるのは南向きが一番という思い込み


大きな窓は南向きでなくても大丈夫

マイホームの設計において、まず間取りを考える人は多いのではないでしょうか。間取りを考えてから、「それならここに窓をつけたいな」という風に考えることもよくあると思います。しかし、希望の間取りにすると、窓が南向きに配置できない、または南向きの窓が小さくなってしまう、そんなこともしばしばあるはずです。仕方なく少し間取りを見直して、南向きに大きな窓をつけようと思っていませんか。確かに南向きに開かれた大きな窓は魅力的です。しかし、窓は「南向きに大きく」とこだわる必要は実はないのです。

東側と北側につけられた窓の良さ

では、南向きに窓が配置できない場合、どうするのが良いか考えてみると、残された選択肢は大きく分けて東と西、それに北となります。東は朝日が昇る方角ですので、東側に設けた窓は、家の中で一番最初に光が射し込む窓と言って良いでしょう。反対に、太陽の位置が低くなってくる時間帯に光が射し込む西側は、その西日が部屋の奥にまで届くことも多く、まぶしいと感じることも多いですので、大きな窓の設置はおすすめしません。そして最後に北ですが、北はどことなく暗く、窓を配置するのにはあまり適さないと考える人もいるかもしれません。確かに太陽の光が直接北側の窓から射し込むということはありませんが、しかしそれ故に、一日を通して安定した明るさを部屋にもたらしてくれます。

南向きに大きな窓をつけたおかげで、夏は暑くて、太陽の高度が下がる冬には、部屋の奥までまぶしい光が射し込んでしまい、結局、明るい時間にはレースやカーテンまで閉めなくてはならなくなってしまってはもったいないと思いませんか。窓は南向きにこだわらず、柔軟に配置してみるとよいですね。

2000万の家なら、例えばキッチンやバスルームに最新設備を導入できます。外観をシンプルにして無垢材のフローリングにするなど、様々な予算配分で理想の家づくりが可能です。

Related Post